プロに聞いた方が良い任意売却

不動産会社に依頼すればよいわけではない

不動産に関する取引は、不動産業者を通すとスムーズにできます。賃貸物件の募集であったり、物件の選択、不動産の売買など個人で行うにはそれなりに限界があります。それぞれの不動産会社には得意分野があり、賃貸の仲介が得意なところもあれば、売買が得意なところ、運用などが得意なところもあります。では任意売却をしたい時はどうするかです。素人からすると、単なる売却に感じるかもしれません。しかし実際は特殊な売却になります。個人では到底難しいですが、不動産業者だから誰でもできるわけではありません。そこでプロと呼ばれる業者に依頼をするようにします。任意売却を専門的に行っている業者や部署があるので、そちらを利用するとうまくいく可能性があります。

債権者との交渉などを経て売却をする

住宅ローンを利用するとき、抵当権と呼ばれる権利が不動産に付けられます。これは住宅ローンを貸す側が付ける権利です。将来的に住宅ローンの返済ができなくなったとき、物件を処分して残債を受ける権利になります。もちろん払いきれない時には残債の債務が残るので、取りたてられるでしょう。この時の売却方法は競売になります。裁判所などに手続きを行い、市場よりも低い価値での売却をされます。市場価値で行ってもらえば、残債がなくなったり少なくできるかもしれません。そこで任意売却の選択肢が出てきます。基本的には物件を市場で売却してお金にしてそれで返済する方法ですが、勝手に売却はできません。抵当権を持っている金融機関との交渉が必要です。となるとプロの担当者が必要になります。