任意売却を成功に導くイロハ

そもそも、任意売却とは?

任意売却は、住宅ローンの返済が滞った時に、住宅ローンの金融機関である債権者と話し合いを行い、最良の方法にて解決する手段のことです。住宅ローンを払ってもらえない状態が続くと債権者としても困るため話し合いに応じてくれるわけです。一般的には、金融機関は裁判所に強制売却を申し立て、対象の住宅を競売にて売却して再建を回収します。通常の家の売却の際には2つの方法があり、住宅ローンの残高よりも高い金額で住宅を売却して住宅ローンを完済する方法と、住宅ローンの残高よりも安い金額にて家を売却して、差額を現金にて支払うという方法があります。ただし、強制売却とはとても精神的にも経済的にも負担がかかるものですのでオススメはできません。

任意売却をすると家に住み続けられる?

不動産売却というものは普通の人にとっては、現実的な方法ではありません。そのため、ほとんどの人は任意売却を行なって解決しています。任意売却は住宅ローンが残っていても住宅の抵当権を外してもらえる方法です。任意売却のメリットとしては、強制売却の場合は、マイホームに住み続けることはできませんが、任意売却の場合は住み続けることが可能です。また、引越し計画を立てることも可能で、引越し代なども負担してもらうことが可能です。プライバシーに関しても任意売却であると守れますので安心です。任意売却は一般社団法人などの任意売却支援機関にて相談に乗ってもらえますので、任意売却を考えている人は相談してみてはいかがでしょうか。